QLOOKアクセス解析

猫 体臭

猫の体臭

 

猫の体臭は健康であれば、ほとんどありません。

 

猫はとても綺麗好きで、体をなめたり、手を舐めて、
その手で顔を洗ったりして体全体を常に綺麗にしており、臭いがない状態を保っているのです。

 

これは猫が静かに物陰などに潜み、
獲物を待ち伏せして狙う動物であるからだそうです。

 

臭いに獲物が気がついて逃げてしまわぬように
常に体を綺麗にして臭いがない状態を作っているんですね。
猫は人間のように汗はかかないため、汗の臭いが出ることはなく、
体を舐めて綺麗にしておけば体臭もないわけです。

 

実際には猫同士なら分かる程度の臭いはあるようで、
それを使って、自分の縄張りをマーキングしたりするようですけどね。

 

猫の体が臭いと常に感じるような状態なら

ケガの傷が化膿していたり、病気になっていたりする可能性があります。

 

あとは、肛門腺が詰まっている場合も臭いがします。
猫には自分の臭いを分泌する腺がいくつかあって、肛門腺もその1つ。
この腺に分泌物が溜まって詰まるとかなり臭くなるので、
そうなったら絞って、分泌物を出してやる必要があるのです。

 

いずれの場合も素人が対処するのは難しいので、
すぐに病院に連れていって診てもらうといいでしょう。
放置しておくと大事になってしまう可能性もありますから注意してください。

 

猫の抜け毛にも困っている人はこちらもチェック