QLOOKアクセス解析

猫 口臭

猫の口臭

 

猫の口臭が気になるときってありますよね。
エサを食べた直後であれば、そのにおいがするのは仕方のないこと。
でも、そうではないのに口臭がしているとなると少し心配です。

 

 

猫の口臭の原因

猫の口臭の85〜90%の原因は口の中の疾患、
つまり、虫歯・歯肉炎・歯周炎などです。

 

歯についた細菌が虫歯や歯肉炎を引き起こし、
その細菌の塊(プラーク)や歯肉炎が進行すると、
歯周炎となって、どんどん細菌が溜まりやすくなる。

 

そしてその細菌が、食べカスやタンパク質などを分解して
揮発性イオウ化合物という物質が作られ、これが口臭の元となるのです。

 

ちなみに歯肉炎は犬より猫の発生率が高く、(屋外で生活している猫は特に高い)
3〜4歳の猫の約85%は歯周病になっていると言われています。

 

対策方法

まず、すでに虫歯や歯肉炎になっているのであれば
残念ながら素人ではそれについては何もすることはできません。
すぐに動物病院に連れていきましょう。

 

我々ができることといえば予防。
口の中の疾患の予防にはプラークコントロールが大切。
プラークコントロールとは、正しい歯磨き・食生活などにより、
歯垢を取り除くことを言います。
(人間の歯磨き粉のCMなどでもこの言葉は出てきますね)

 

でも、なかなか猫の歯を磨くというのも大変なこと。
できれば子猫のうちに慣れさせておきたいですね。

 

他に、猫用の歯磨きガムや、水ハミガキなど市販されているようですので、歯磨きさせてくれない猫には、そういったものも使ってみるといいでしょう。

 

 

口の中の疾患が原因でないときは..

もし、口の中の疾患が原因でないとすると、
胃腸や肝臓など内臓の疾患の可能性があります。
早めに動物病院に連れていって診てもらいましょう。

 

猫の抜け毛にも困っている人はこちらもチェック